借地権の関連情報

日常生活の中では、ほとんど気になることも無い借地権ですが、住宅の契約期間切れ、相続税の計算などに際して、理解を深める必要に迫られるというケースは多いのではないでしょうか。自らが借地権を有しているか否かは、家計簿や自社企業のバランスシートなどをチェックすれば、お分かり頂けるでしょう。

その内、企業の貸借対照表では、契約時に地主へ払った権利金、更新時などの手数料、土地の整備費用などが計上されています。 また、借地権を担保として、住宅ローンなどの借り入れをすることもできます。 ひと言で借地権と言っても、さまざまな条件によって、地上権、賃借権、事業用借地権、定期借地権、普通借地権といった複数のバリエーションに分類されることも覚えておきましょう。そして、借地権割合の違いにより、借地人の収益、相続税の課税金額などが異なってまいります。

そして、クルマや建物と同じように、借地権も減価償却されるのではないかと考える方がおられるかも知れません。しかし、借地権は税法上、土地と同様の扱いを受けるため、減価償却は行なわれませんので、その点はご安心ください。 ただ、契約更新時には、借地権の一部が減価したという前提で、更新料が計算されます。 このカテゴリーでは、借地権の概要や特徴、減価償却がなされないことなどについて、詳しく解説します。これから、借地権の契約や更新、相続の手続きなどをする予定のある人は、参考にしてみてください。

▼注目サイト
借地権の相続で何かトラブルが起こった際に相談が出来るサイトです ⇒⇒⇒ 借地権の相続